M&Aとは

M&A(Mergers and Acquisitions(合併と取得)の略、エムアンドエー、エムエー)とは、企業の合併及び買収を総称して言う。他の企業を取得しようとする際に、それを企図する主体やその子会社などに吸収合併させたり、相手企業の株式を買収して子会社化したりする手段が用いられることから、およそ企業の取得という効果に着目して総称するものである。

M&Aは、新規事業への参入、企業グループの再編、業務提携、経営が不振な企業の救済などを目的として実施される。広義には包括的な業務提携やOEM提携なども含まれる。

日本法上の概念としては、企業合併、会社分割、株式交換、株式移転、株式公開買付などの要素が核となるが、各要素は対象企業のコントロールを得る手段として捉えられ、M&Aという場合には、利用する手段のデザインを含めた企業戦略を把握する概念として用いられることが多い。

概要
企業の買収合併は年々増加傾向にあり、その目的は様々であるが、主な目的は、国内・国外における国際競争力の強化や国外進出を容易にするためなど、国際的なマーケット拡大に伴う、生存競争と事業拡大のために用いられる傾向があり、買収の規模も拡大傾向にある。 国内では、中小企業の後継者問題などで特にM&Aが用いられている。また、大型スーパーマーケット業界、コンビニエンスストア業界、銀行業、情報通信業、衣料品業界、製紙業界などで大型の事業再編・M&Aなどが盛んに行われている。

M&Aの代表的な手法
統合
合併
吸収合併
新設合併
株式交換
株式移転
買収
株式の取得
発行済株式の譲受
新株の引受
公開買付け
MBO(マネジメント・バイ・アウト)
EBO(エンプロイ・バイ・アウト)
LBO(レバレッジド・バイ・アウト)
営業の譲受
分割
吸収分割
新設分割

M&Aの例
東京三菱銀行(三菱銀行+東京銀行)
三菱東京UFJ銀行(東京三菱銀行+UFJ銀行)
UFJ銀行(三和銀行+東海銀行)
ボーダフォン日本法人(ソフトバンク・Yahoo! JAPANによる買収)
日本テレコム(ソフトバンクによる買収)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。